林檎の国 泥の国

Androidについて覚えたこと、知ったことをメモするblogです。 Android以外のことも書きます。 ※Amazonアソシエイトに参加しています

AndroidのKindleアプリで、
本のDL進捗が100%に達していてもなぜか通知から消えてくれず
通知を横に引っ張って消したくても消えてくれず居座られてしまう。
タップしても通知から消えない。
いつまでも不要な通知が残り続けてて嫌だなあ、
と思うことがあります。

これは、Kindleアプリの強制停止をすれば通知から消えてもらうことができます。
他の本のDLが続いている状態でなければ強制停止しても大丈夫なので、
現在Kindleで他にしていることがないのであれば強制停止を試してみてください。


Amazonで使っている名前を、Amazonアカウントサービスから変更しました。
しかし、Amazon上では変更されたけど、
Amazon関係のサービス上では旧名前で表示されるというところがあり、困っていました。
Amazonクラウドドライブはそのひとつです。

Amazonクラウドドライブの設定画面では、アカウント名を変更する方法がなく、
ずーっとずーっと旧名が表示されていて困っていました。
20190309_190457


Amazonフォトで変更する

今気づきました。
Amazonクラウドドライブでの自分の名前を変更するには、
Amazonフォトの設定画面で変更する
必要があったようです。
Amazonフォトの個人設定で名前を変更したら、Amazonクラウドドライブに反映されました。

indeedはいろんな就職情報が一手に集約されているのでとても便利なんですが、
マイナス検索もできるんですが、
ちくいち入力しなければいけないというのはとても不便です。
自分にとって不要な情報はどこまでいっても不要だと思うので、
「自分はやらないな」と思う職種の情報はフィルタしましょう。

以下がCustomBlockerの設定例です。
※CustomBlockerを利用するにはPC用Chromeが必要です。

20190309_185614


URLを「https://jp.indeed.com/*」、
隠す対象・発動条件を「div.jobsearch-SerpJobCard」にします。

ただこれは全文を対象にしますので、
たとえばフィルタ対象に「事務」と入れた場合、
就業所の名前が「〇〇事務所」といったものも隠す
ことになります。
タイトルが「(1)運搬 (2)事務」となっているものも隠す
ことになります。
利用する際はよく考えて入力してください。

LINEのタイムライン https://timeline.line.me/
邪魔な情報も多いですよね。
自分はキャンペーンとかLINEポイントとかくじとかいらないなって思います。
そういうのは、PCブラウザで閲覧し、Chrome拡張「CustomBlocker」を利用することでフィルタしてしまいましょう。

20190309_184041


指定URLを https://timeline.line.me/* にして、
検索対象・フィルタ対象を「ARTICLE.article」にします。
あとは任意のフィルタしたい言葉を入力すればOKです。
自分は「キャンペーン」「LINEポイント」「lin.ee」などを指定しました。

Amazonデジタルミュージックで購入した曲や
Amazonプライムミュージックの曲を聴く時に、
PCのWebブラウザで聴くには
Amazon ミュージックライブラリ
https://music.amazon.co.jp/

というURLにアクセスする必要があります。

この時右側に出てくる「お客様へのおすすめ」と、
アルバムを表示した時に出てくる曲ごとの他人の再生人気
自分にとっては邪魔でしかない存在なので、
ユーザースタイルシートで消したいと思います。
「次で始まるURL」に「https://music.amazon.co.jp/」を入力してご利用ください。